使いやすくさらに一新!

国内最大級のアクセスを誇る、オーディションドットコムが、使いやすくサービスも充実して、新しくなりました!
aマーク    お得メニュー
モバイルサイト    オーディションドットコムグループサイト
オーディションドットコムの使い方
オーディションドットコムの
オーディション応募希望者無料会員サービスを活用しよう!
※下記の見たい項目を「クリック」してください。さらに詳しい使い方のご案内頁がご覧になれます。
会員登録方法    オーディション情報の探し方
オーディション応募の流れ    オーディション問い合わせ
オーディション応募の質問    オーディションヘルプ
登録と特典    RSS2.0


「オーディションに正解はない!」 まず最初に理解して欲しいのは、「オーディション」は、「テスト」ではないということです。 「テスト」には正解がありますが、「オーディション」には正解がありません。 しいていうなら、「あなたらしさ」が正解なんです。 「元気」が取柄の方もいれば、「まじめさ」がにじみ出ている方もいます。「やんちゃっぽい」キャラの子もいれば、「食いしん坊」キャラの子も。オーディションは、そんな「あなたらしさ」を見つける最初の“きっかけ”にすぎないのです。 会場では、生き生きした皆さんの表情とキャラクターを見ています。 . 緊張してていいんですイメージ 「緊張してていいんです」 オーディションの会場で、緊張していない方はまずいません。 それぞれに秘めた思いを胸にして、一生懸命自分を魅せようとする方の表情は本当に光り輝いて見えますし、逆に頭が下がる思いです。 オーディションが始まれば、「緊張しないで、リラックスしてね」なんて言いません。なぜなら、皆さんがオーディションを真剣に考えてくれるから緊張しているわけで、私たち審査員も真剣勝負で向かい合います。緊張してて当然なんです。 審査員は、そんな真剣な姿勢で望むあなたに魅せられるんです。 . その場を楽しんでイメージ 「その場を楽しんで」 「緊張してていい」なんて言っておきながら逆のことを言うようですが、せっかくのチャンスなので、ぜひその場を楽しむ気持ちを持ってください。そうすると、「あなたらしさ」がより審査員に伝わるかもしれません。 会場までの道のり、会場の雰囲気、お子さんの表情、自分なりの表現。そうした一つ一つを楽しむことで、自分やお子さんの以外な一面に気づく事があるかもしれません。 オーディション前の書類選考では、顔写真が第一印象となり、選考する上で大切な資料になります。ご両親がお子さまを撮影するケースもあれば、ケータイのカメラで自分撮りをするケースもあるかと思いますが、ここではどなたでも実践できる家庭用のデジタルカメラとケータイカメラでの撮影テクニックをご紹介します。 ご興味があるかたは、是非参考にしてみてください。 家庭用デジタルカメラ篇家庭用デジタルカメラ篇 ケーターカメラ篇ケーターカメラ篇 とにかく写真をたくさん撮ろう!とにかく写真をたくさん撮ろう! . 家庭用デジタルカメラ篇 一般的に広く普及している家庭用のデジタルカメラでオーディション用の写真を撮影するときのテクニックです。 ご両親がお子さまを撮影するシーンを想定して、基本的なことから、ちょっとしたコツまでをいくつか解説していきます。 被写体をたたせよう!イメージ 上手に撮るコツ その1 被写体をたたせよう! 被写体がはっきりと目立った写真は、その人の魅力も際立たせます。そのためには、背景はスッキリと、被写体を邪魔してしまうものがない場所で撮影する方が望ましいです。 その際、被写体が小さくならないよう、カメラのフレームにお子さまをしっかり入れてくださいね。 また、証明写真のように無表情なものでも問題ありませんが、せっかくのオーディションです。ぜひあなたのステキな笑顔で応募されてはどうでしょうか? ※カメラの接近限界は1m弱程度です . 上手に撮るコツ その2 自然光の明るさを利用しよう! 自然光の明るさを利用しよう!イメージ 室内で撮影する場合は、柔らかな自然光(太陽の光)が入り込む場所の方がいいですね。暗い場所で撮影すると印象も暗く感じてしまいます。比較的明るい場所で撮影すれば印象も明るくなり、より魅力的に見せられるのではないでしょうか。 どうしても暗いな・・・と感じるときは、フラッシュを使用して明るさを維持するようにしましょう。 . カメラマンになりきろう! カメラマンになりきろう!イメージ 被写体を魅力的に撮影するテクニックはたくさんありますが、もっとも大切なのは撮影するカメラマンの意欲です。 よくテレビでも、プロのカメラマンがモデルに声をかけながら撮影しているのを見たことがありますよね。お子さまを撮影するときも一緒で、撮影する本人がプロのカメラマンになったつもりで、声をかけながら撮影現場の雰囲気を作ってみましょう!きっと楽しい撮影会になり、自然な笑顔が引き出されるはずです! モデル:子ども . ケーターカメラ篇 最近のケータイやスマートフォンに内蔵されているカメラなら、家庭用のデジタルカメラに引けをとらない写真が撮影できます。ここでは室内で自分撮りをするシーンを想定して、オーディション用の写真を撮影するコツをご紹介します。 上手に撮るコツ その1 少し上から撮影してみよう! 少し上から撮影してみよう!イメージ コツとしては、まずカメラに自分を映し、アゴを引き、カメラを少し上から構えます。このとき、アゴがシャープに写りこむ角度があると、スッキリした顔のラインで撮れると思います。 いい位置が見つかったら、目を大きく開いて、息を軽く止めてシャッターを押しましょう。もちろん笑顔も忘れずに! ※やりすぎると顔の輪郭がわからなくなり、印象が良くないのでご注意ください。 . 上手に撮るコツ その2 明るく写る小技を使ってみよう! 明るく写る小技を使ってみよう!イメージ デジタルカメラで撮影するときと同様に、昼間の自然光が入る場所がいいのですが、プロのカメラマンによる撮影では、レフ版を置いたり照明を入れたり、被写体をよりよく写すために、あらゆる工夫をしています。 家庭でできるちょっとした小技としては、膝の上に白いハンカチを引いたり、明るい色の床の上で撮影すると、柔らかい光の反射で明るく自然な表情を映し出すことができます。 . 上手に撮るコツ その3 手ブレ対策をしてみよう! 手ブレ対策をしてみよう!イメージ 自分撮りの天敵は“手ブレ”といっても過言ではありません。せっかくキマッた表情が作れても、手ブレによりボケてしまったらせっかくのオーディション写真が台無しです。 多くは腕を挙げた状態が安定せず、シャッターボタンを押すときにブレてしまうのですが、このようなときは、イスに座って上体を安定させたり、ケータイ・スマートフォンを持つ手を何かに乗せて撮影すると、手ブレ防止に効果があります。 上体や腕を固定するとアングルに集中できますし、目線や表情も安定してくると思います。 モデル . とにかく写真をたくさん撮ろう! 誰かに撮ってもらう場合でも、自分で自分を撮る場合でも、いろんな場所で、いろんな角度から、たくさん写真を撮ってみましょう。何枚も挑戦しているうちに、写真をとおしてお子さま(ご自身)の魅力がもっとも引き出されるアングルがわかり、とっておきの一枚が撮れると思います。 もし書類選考を通過したら、オーディション会場では自信を持って自分をアピールしてくださいね。皆さまのご検討をお祈りしています。

使いやすくさらに一新!- Audition
ZAUP Audition
Audition適正診断アプリ
「エンタメauditionデビューしたい子がたくさん
集まる!」「何に向いているか、
診断できる!」アプリ情報が公開中!...
Audition告知
企業様会員様に向け、低予算で
Audition募集情報やリリースなどが
利用できる新ポイント・サービスを
開始しました!...
オーディション雑誌
雑誌Audition Magazineからデビュー&ファッション読者model情報の流行通信月刊誌はこちらから無料ダウンロード!
芸能界に入るためにはスカウト、Audition、紹介、コネクション、偶然のチャンス、運などがあります。しかし皆様の中で成功している方はどれを選んでもそのチャンスの中で、エンターテイメントだけでなく学校、小学生、中学生、高校生、大学生関係なく努力と持続をされています。ぜひ芸能界の中で実行して下さい。